phpMyAdmin からデータベースのバックアップをする方法

phpMyAdmin からデータベースのバックアップをとる方法WordPress のバックアップはとても重要です。
バックアップは、WordPress のアップデートやプラグインのインストールなど、リスクがともなう作業の前にやっておくことをおすすめします。

データベースのバックアップは、専用プラグインからもできますが、ここでは phpMyAdmin から直接バックアップをとる方法をご紹介します。


1. phpMyAdmin にログインします。
ロリポップで phpMyAdmin にログインする場合は、
ロリポップでデータベースにアクセスする方法 をご覧ください。

2. 左側メニューの WordPress で使用しているデータベースをクリックします。

左側メニューの WordPress で使用しているデータベースをクリックします。

3. データベースに含まれるテーブル一覧が表示されますので、
[エクスポート] をクリックします。

[エクスポート] をクリックします。

4. “DB のダンプ(スキーマ)表示” が表示されます。

"DB のダンプ(スキーマ)表示"

■ エクスポート

左上のリストボックスにデータベース内のテーブルが全て表示されます。
ちなみに、画像のデータベースは、複数の WordPress で共用しています。今回は、特定の WordPress のデータベースのバックアップを取りますので、ここでは接頭辞が “wp5_” のもののみ選択しています。また、SQL のラジオボタン をクリックしておきます。

■ オプション

デフォルトでチェックが入っているものもありますが、バージョンによって異なることがあるかもしれませんので、チェックを入れる項目をすべて記載します。

  • コメント
  • 構造
  • DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION を追加
  • IF NOT EXISTS を追加
  • AUTO_INCREMENT 値を追加する
  • テーブル名やフィールド名を逆クォートで囲む
  • データ

■ ファイルに保存する

「ファイル名のテンプレート」はそのままで問題ありません。

  • ファイルに保存する
  • 圧縮:「なし」または「zip 形式」

選択が終わりましたら、[実行する] をクリックし、ファイルを保存します。
しばらく時間が掛かります。

保存したデータベースバックアップファイル

5. バックアップが完了しましたら、phpMyAdmin からログアウトします。

バックアップが完了しましたら、phpMyAdmin からログアウトします。

以上で、phpMyAdmin からデータベースのバックアップをする作業は完了です。

参考:データベースのバックアップ – WordPress Codex 日本語版

あわせて読んでおきたい記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ