AddQuicktag – よく使うタグをボタンひとつで一発投稿!

AddQuicktagAddQuicktag は、あなたがよく使う定型文やタグなどをボタンひとつで投稿することができる、とても便利なプラグインです!

記事投稿の時間短縮に大いに役立つこと請け合いなので、是非とも入れておきたいプラグインです。

AddQuicktag のインストール・有効化

1. 管理画面にログインします。


2. [プラグイン] – [新規追加] をクリックします。

[プラグイン] - [新規追加] をクリックします。

3. 検索窓に “AddQuicktag” と入力し、[プラグインの検索] をクリックします。

検索窓に "AddQuicktag" と入力し、[プラグインの検索] をクリックします。

4. 検索結果に表示された “AddQuicktag” の下にある
[いますぐインストール] をクリックします。

[いますぐインストール] をクリックします。

5. 確認のメッセージが表示されますので、問題なければ [OK] をクリックします。

"本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか?"

6. インストールが完了しましたら、[プラグインを有効化] をクリックします。

[プラグインを有効化] をクリックします。

「プラグインを有効化しました。」と表示されましたら作業は完了です。

「プラグインを有効化しました。」

AddQuicktag の設定

プラグインを有効化したら、あなたがよく使う定型文やタグなどを登録しておきましょう。

[設定] をクリックし、WP-Quicktag Management を開きます。

[設定] をクリックし、WP-Quicktag Management を開きます。

これから各項目について説明いたします。

"WP-Quicktag Management"

1. クイックタグの追加と削除

ここでボタンに登録したい定型文やタグなどを設定します。

"クイックタグの追加と削除"

  • ラベル名
    ボタンに表示される名前です。
  • Title Attribute
    マウスカーソルをボタンに合わせたときに表示される説明です。
  • 開始タグ
    開始タグを入力します。定型文を設定する場合はこちらに入力します。
  • 終了タグ
    終了タグを入力します。終了タグがない場合は何も入れなくても大丈夫です。

デフォルトは 2 つしか表示されていませんが、
登録して [更新] をすれば追加できるようになります。

"クイックタグの追加と削除" の設定例

2. Export/Import AddQuicktag buttons options

クイックタグ設定のバックアップ・復元ができます。

"Export/Import AddQuicktag buttons options"

バックアップしたファイルは、wpaq という拡張子で保存されます。

クイックタグ設定のバックアップファイル

3. Uninstall options

クイックタグ設定を削除します。
プラグイン自体は削除されません。

"Uninstall options"

あわせて読んでおきたい記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ