最新情報

2011年4月26日トラブル解決
“警告!PHP セーフモードが有効になっています!” が消えない:ロリポップ
2011年4月26日インストール
WordPress – ZIP ファイルによるプラグインのインストール
2011年4月12日管理パネル
WordPress 管理パネルのプルダウンメニュー
2011年4月5日管理パネル
WordPress タグ ID を確認する
2011年3月31日プラグイン
WordPress.com Stats – シンプルなアクセス解析プラグイン

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

WordPress 検索によるプラグインのインストール

WordPress 検索によるプラグインのインストール

プラグインの名前があらかじめ分かっている場合は、検索によるインストールが便利です。
管理パネルから簡単にインストールができますので、その方法をご紹介します。

「WordPress 検索によるプラグインのインストール」の続きを読む ⇒

WordPress 投稿記事をバックアップする

投稿記事をバックアップするWordPress はブログシステムですので、HTML サイトに比べて記事の投稿が簡単というメリットがありますが、あなたがデータをバックアップしなければ、あなたのコンピューターにデータが残ることはありません。

レンタルサーバーでもデータの消失というのは過去にありますし、レンタルサーバーはデータの保存場所ではありませんので、データが完全に補償されることはまずありません。

WordPress の投稿した記事や固定ページなどは、管理画面から簡単にバックアップすることができますので、その方法をご紹介します。

「WordPress 投稿記事をバックアップする」の続きを読む ⇒

ファイルの拡張子を表示する – Windows 7

ファイルの拡張子を表示する - Windows 7Windows 7 の最初の設定では、ZIP ファイルはフォルダーにチャックが付いたようなアイコンで表示されます。

しかし、アイコンだけでは本当に ZIP ファイルか確実に判断することができません。世の中には悪い人がいて、ZIP ファイルと同じ絵のウイルスをばらまいて、それをクリックさせてコンピューターを乗っ取ろうとするかもしれません。

そこで、パソコンにそれぞれのファイルの拡張子を表示させる設定をします。

そうすることによって、ZIP ファイルは “(ファイル名).zip” という表示になり、ひとめで ZIP ファイルだと分かるようになりますし、アイコンだけでは判断できないファイル形式が分かるようになります。

「ファイルの拡張子を表示する – Windows 7」の続きを読む ⇒

WP Super Cache – WordPress プラグイン

BrowserWordPress は、ユーザーからアクセスされるたびに、データベースとテンプレートを呼び出して動的にページを生成していますので、HTML サイトと比べると、どうしても表示速度が遅い傾向にあります。

その問題を解決するのが WP Super Cache です。このプラグインは、一度生成したページをサーバー側に保存することによって、アクセスのたびにページを生成する作業が入らなくなり、表示を早くすることができるようになります。

「WP Super Cache – WordPress プラグイン」の続きを読む ⇒

ロリポップで PHP セーフモードを OFF にする方法

ロリポップで PHP セーフモードを OFF にする方法WordPress で WP Super Cache を利用するには、PHP セーフモードを OFF にしなければなりません。

しかし、ロリポップの場合は初期設定で ON になっていますので、セーフモードの設定を変更する必要があります。

「ロリポップで PHP セーフモードを OFF にする方法」の続きを読む ⇒

このページの先頭へ